HOME » 茨城で建てる注文住宅こだわりシミュレート » 照明

照明

茨城の注文住宅において、照明器具はできるだけ早めに決めておくほうがベターです。家ができた後で「ここに照明を置こう」と思ってもコンセントがなく、延長コードだらけの雑多な住まいになってしまうことも。

そうならないためにも窓の位置や採光を考慮したうえで、どこに照明を設置すれば良いかを早めに決めておくことで、配線を隠すなどの対応もしやすくスッキリした空間づくりもできるようになります。

注文住宅の照明はLEDなど寿命が長いものを

照明器具を選ぶ際も、例えば天井の高い住まいの場合は、LEDなどできるだけ寿命の長い照明を使うことで交換を少なくするなど考慮して選ぶとよいでしょう。

そして、最近の住まいは天井への埋め込み式の照明が流行っています。見た目にもオシャレですし費用もそれほどかからずに済む、といろいろメリットはありますが、高いところに設置されることで電球の交換がしにくい、といったデメリットも。この場合もLEDの照明で対応すると、暮らしはじめてからが便利ですよ。

また、外灯はセキュリティの観点からもつけておいた方がよいでしょう。つけっぱなしだと電気代もかかりますので、オートセンサーが主流です。ここも配電の関係から、早めに決めておきましょう。

インテリアデザインにこだわりたい方なら、先に照明を決めてからインテリアを決めていくという手もあります。インテリアコーディネーターがいる会社に依頼する際は、「この照明にあった壁紙にしてほしい」などの注文をすることも可能です。

茨城にある屋内タイプのショールーム「えみ・ぱ~く」では、インテリアコーディネーターが対応もしてくれるので、一度相談してみてはいかがでしょうか。

茨城のおすすめ注文住宅ショールームはこちら