HOME » 茨城で建てる注文住宅こだわりシミュレート » キッチン

キッチン

茨城の注文住宅でキッチンの場所を考える際、風通しが良く明るい場所に設置することがポイントとなります。キッチン内は空気が淀みやすい空間でもあります。夏になると暑さが加わり、揚げ物などをつくるのも億劫ですよね。そんなことにならないよう、キッチンには窓を設けましょう。

注文住宅だからできるキッチン間取りテクニック

注意したいのは、抜け道となるところがなければ換気できませんから、反対側に窓を設けることも間取りを決める際にポイントとしましょう。

また、窓が西や南だとかえって暑くなることがありますので、冷房設備の設置も考えましょう。

料理や洗い物がやりやすい、動線に配慮したレイアウトを考えてみましょう。

例えば料理をするとき、食材を冷蔵庫から出したら野菜などはシンクで洗い、それからまな板の上で食材を切って鍋やフライパンで調理する…といった行程を、立ち位置を変えずに進められたら使いやすいキッチンとなりますよね。

最初の行程である、冷蔵庫をシンクの隣に置ける間取りだと、スムーズに野菜を洗えます。実はこの2つの場所が決まれば、その後の作業台、コンロの場所も決まってきます。

なお、同じ場所に炊飯器やレンジといった家電製品が並びますので、家電に合わせたコンセントの位置や数も考慮しましょう。

バックヤードを設ける家も増えている

キッチンにはさまざま調理道具が納められるよう、「収納力」も求めらます。調理器具や食器が多いと、煩雑になりがちです。できるだけスッキリした空間で炊事したいもの。

加えて、デザインも重視したいという方におすすめなのは、キッチン横にバックヤードを設けることです。

バックヤードなどキッチン内はスッキリして作業もしやすいですし、システムキッチンなど大きめのものでも確保しやすくなります。

ユーザビリティの高いキッチンをつくる前に、一度ショールームに訪れるのも一つの手。

茨城県内初の屋内タイプのショールーム「えみ・ぱ~く」など、家づくりの参考になる場所に行って、見学してみましょう。

茨城のおすすめ注文住宅ショールームはこちら