HOME » 茨城で建てる注文住宅こだわりシミュレート » 玄関

玄関

広い玄関があると、来客が訪れた際に「すごい」と、驚かれる…そんな注文住宅に憧れている方も多いのでは。確かに、玄関は誰もが来る場所ですから、少し豪華にしてもよいかもしれません。しかし、あまり豪華なのも問題。例えば、配達や来客があった際、靴を履いて玄関を開けるのは以外と億劫です。

注文住宅の玄関を使いやすくするポイントは?

たたきに下りず裸足のままホールから玄関ドアに手が届くかどうか、という点に気を付けて玄関の広さを決めると良いでしょう。

やっぱり広い方がいいという場合、廊下の横に設計すると、不便に感じずに済むかもしれませんね。

■下駄箱の位置は?

下駄箱の位置は、たたきに置くか、それともホールに置くのか、どちらのほうがメリットがあるのでしょうか。

たたきに置くと、外から帰ってきた際にはそのまま下駄箱の中に入れることができますので、ホールが汚れることはありません。しかし外に出る際にはたたきに下りないと靴を出すことができず、靴下が汚れてしまいます。

ホール側に置いたときにはその逆で、外に出るときはたたきに下りる必要がないですが、ホールが汚れる可能性はあります。

いずれもメリット・デメリットがありますが、もしスペースに余裕があるのであれば、ホールとたたきをまたぐ形の大きめの下駄箱を用意しておくと、どちらのメリットも受けることができます。

■勝手口は必要?

キッチンの場所にも関わってくる部分ではあるのですが、意外に日々の生活の中で大きな違いを生み出すのが勝手口の位置です。これを決める重要なポイントは、ごみを出す場所と駐車場からの距離です。

生ゴミなどは臭いを発しますので、キッチンの近くにある勝手口を出たところにゴミを置いておくことになると思います。

雨の日などは収集所に持っていくのも便利ので、キッチンの位置も考えながら決めるとよいでしょう。

また車を使われる方は、重たい荷物を持って帰ることもあると思います。駐車場からも近い位置に持ってきた方が何かと便利です。

イメージをつかむには百聞は一見にしかず、ショールームに行ってみましょう。

茨城県にある屋内タイプのショールーム「えみ・ぱ~く」など、注文住宅づくりの参考になりますので、足を運んでみてはいかがでしょうか。

茨城のおすすめ注文住宅ショールームはこちら